学費サポートシステム

ベルエポック独自のサポート

ベルエポック授業料分納制度(奨学金予約採用者対象)

●「日本学生支援機構」の予約採用奨学金を利用し、月々貸与される奨学金で授業料を分割する制度です。
毎月、ご本人の指定口座へ振り込まれる日本学生支援機構奨学金を利用して授業料を納入します。
※申込対象者:高等学校を通じて「日本学生支援機構」に予約採用の申し込みをした方
(大学等に進学経験のない方で高校卒業後2年以内であれば在籍していた高等学校で申込み可能です)

※その他の奨学金を利用される場合はご相談ください。

対象 日本学生支援機構 奨学金予約採用決定者
募集時期 合格通知到着後
手続方法 合格通知到着後、所定の「ベルエポック授業料分納制度申込書」を提出
内容 各年次の授業料(80万円の範囲内)を奨学金の採用決定月額で支払い、分割納入する制度です。

例) 美容師科の場合 第2種奨学金8万円を貸与した場合
合格時→入学金100,000円を入金
入学後→授業料 月々貸与額80,000円×10ヶ月(4月〜翌年1月)で分割納入

※貸与月額によっては不足金額が発生します。その場合は合格時に不足金額をご納入いただきます。

>>日本学生支援機構『予約採用』のHPへ

兄弟姉妹学費免除制度

出願者の兄弟姉妹が滋慶学園グループ校の在校生もしくは卒業生の場合、初年度の授業料が10万円免除となりますのでお申出ください。
※同時入学の場合は、いずれか1人のみ免除。
※WEB出願ページの兄弟姉妹学費免除制度の欄に兄弟・姉妹の氏名、卒業年度・または卒業見込み年度・学校名・コース専攻を入力ください。

>>グループ校を参照

様々な学費サポート

公的奨学金

日本学生支援機構奨学金

奨学金には【貸与型】奨学金【給付型】奨学金があります。
申し込みは進学する前年度に在籍する高等学校等より申し込む【予約採用】と、本校に入学後申込む【在学採用】があります。

予約採用申込資格
(1)2022年3月に高等学校又は専修学校(高等課程)を卒業する予定の方
(2)高等学校又は専修学校(高等課程)を卒業後2年以内の方で、大学・短期大学・専修学校に入学したことのない方
※(1)(2)いずれかに該当している方は、在籍している(卒業した)高等学校より申込みます。
※高校での予約採用申込みには期限があります。 (期限は高校により異なるため、詳しくは高校の先生にご確認ください)

(3)高等学校卒業程度認定試験もしくは大学入学資格検定に合格した方も対象になる場合があります。
※(3)の方は日本学生支援機構にてご確認ください。

日本学生支援機構 給付型奨学金
返還の有無 原則返還なし
採用基準 評定平均3.5以上または 学習意欲が認められること
家計の基準を満たす人
申込時期 予約採用:高校3年春頃(期限は高校により異なります)奨学金担当の先生へ
在学採用:入学後(年1回、春のみ)の申し込みです。4月に説明会を行い、必要書類をお渡しします。
手続方法 予約採用:申込資格(1)(2)の方は高校へ (3)の方は日本学生支援機構へ
在学採用:入学後当校にて
金額 世帯の所得金額に基づく採用区分(I~III)や、通学形態により異なります。

住民税非課税世帯及びそれに準じる世帯の人を対象。給付奨学金の支給対象の学生は、授業料・入学金の減免(減額又は免除)も併せて受けることができます。給付奨学金と併せて第一種奨学金を利用する場合、第一種奨学金の貸与月額の上限額が制限されます。

日本学生支援機構 貸与型奨学金 第一種・第二種
種類 第一種 第二種
返還の有無 返還あり(無利子) 返還あり(有利子)
採用基準 高校の評定平均
予約採用3.5以上、在学採用3.2以上
学業成績が平均水準以上または、学修意欲があり学業を確実に修了できる見込みがあると認められている人
申込時期 予約採用:高校3年春頃(期限は高校により異なります)奨学金担当の先生へ
在学採用:入学後(年1回、春のみ)の申し込みです。4月に説明会を行い、必要書類をお渡しします。
手続方法 予約採用:申込資格(1)(2)の方は高校へ (3)の方は日本学生支援機構へ
在学採用:入学後当校にて
金額 自宅通学:2万円、3万円、4万円、5万3千円
自宅外通学:2万円~6万円(1万円単位)
2万円~12万円(1万円単位)
日本学生支援機構 貸与型奨学金 入学時特別増額
返還の有無 返還あり(有利子)
採用基準 国の教育ローンが不採用だった場合または家計収入が一定以下の場合は国の教育ローンの手続きは不要。
申込時期 予約採用:高校3年春頃(期限は高校により異なります)奨学金担当の先生へ
在学採用:入学後(年1回、春のみ)の申し込みです。4月に説明会を行い、必要書類をお渡しします。
手続方法 予約採用:申込資格(1)(2)の方は高校へ (3)の方は日本学生支援機構へ
在学採用:入学後当校にて
金額 10万円~50万円(10万円単位)の中から選択
初回振込時1回のみ貸与

教育ローン

日本政策金融公庫(国の教育ローン)

全額政府出資の政策系金融機関です。
公的な融資制度として低利子で手続きが簡単なので多くの方が利用しています。

金融機関名 国の教育資金貸与
日本政策金融公庫
(沖縄振興開発金融公庫)(※事前審査可)
2021年12月現在
対象 本校に入学・在学される方の保護者(本人がご利用いただける場合あり)
融資金額 学生お1人につき350万円以内
金利 年1.65%(固定)
融資期間 15年以内(借値期間含む)
返済措置期間
(利息のみの返済)
在学期間以内
ご返済方法 定額変換方式
(ボーナス返済併用可)
所得連動返還方法
保証 (財)教育資金融資保証基金 または保証人(1名以上)
連絡先 0570-008656
上記番号がご利用いただけない場合 
03-5321-8656

>>日本政策金融公庫の教育ローンはこちら
>>政策金融公庫の返済シミュレーションはこちら

信販会社の教育ローン

銀行・信販会社が融資する教育ローンがございます。
本校と提携している銀行・信販会社では、金利・手続き面で一般の教育ローンより優遇されます。

金融機関名 (株)オリエントコーポレーション
(※事前審査可)
2021年12月現在
対象 本校に入学・在学される方の保護者(本人がご利用いただける場合あり)
融資金額 10万円以上500万円以内
金利 固定(提携ローン)
年3.0%
融資期間 最長10年(金額によって異なります。措置期間は別途)
返済措置期間
(利息のみの返済)
申込日の翌月から卒業予定月まで
ご返済方法 ステップアップ返済
通常分割
リレー返済
(ボーナス返済併用可)
連絡先 0120-517-325

高等教育の修学支援新制度について

家庭の経済事情に左右されずに、意欲のある子供たちが、社会で活躍できる人材を育成できる高等教育機関へ進学し、学ぶことができるようにする国の新しい修学支援制度です。本校は、令和元年9月20日付けで、高等教育の修学支援新制度の対象機関となりました。 日本学生支援機構の給付奨学金の制度と併せて修学を支援する制度です。
詳細については、入学事務局までお問い合わせください。

【申込み方法】

在籍している高校にて、日本学生支援機構の予約採用奨学金を申込ください。支援対象となった場合、入学金や授業料が減免となる可能性があります。ご自身が対象者かどうかは、日本学生支援機構奨学金の【進学シミュレーター】や文部科学省のホームページにてご確認ください。

>>日本学生支援機構『進学シミュレーター』のHPへ

学費に関するお問い合わせはこちら

納付について・各種サポートについてなど、何でもお答えします。お気軽にお問い合わせください。

0120-717-255 ask@fbe.ac.jp
学費アドバイザー:大島・青柳・成本